Loading…

スポンサーサイト

Posted by daigo yuasa on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百鬼と私②

Posted by daigo yuasa on 16.2012 お問い合わせ   0 comments   0 trackback
「百鬼どんどろ」岡本芳一としての舞台を初めて観たのは
今は無き、福島・原町の閉館した映画館だった。

演目は「清姫曼荼羅」

能や歌舞伎、浄瑠璃で有名な「道成寺」の安珍・清姫伝説をテーマとした演目。


女の情念・・・?


まさに「どんどろ」とした音、映像が飛び込んでくる。

「百鬼どんどろ」を初めて経験した感想・・・

「意味がわからない・・・」

正直、そんな気持ちだった。

セリフも無く、音楽と人形、人形師が黒子では無く演者としてからみあう様。

古ぼけた映画館の雰囲気も手伝って、ただただ「異様」という
感覚しか無かった。

しかし、それから一週間も経たぬうちに、
その舞台の断片、断片が頭の中で・・・フラッシュバックとでも言うのだろうか?

とても心地良いとは言えない映像が「ズバッ」と現れる度に
心臓が「ドクッ」とする様な思い・・・。

なんなんだこれは・・・

大げさに言えばトラウマを頂いてしまった様な・・・

「意味」なんて物を飛び越えた、

まさしく「情念」とでも言うべき物が伝わってきたのでした。



pt_dondoro.jpg


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://tsugarushamisen.blog62.fc2.com/tb.php/254-441d30da

twitter

Twitter < > Reload

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。