Loading…

スポンサーサイト

Posted by daigo yuasa on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上海回忆

Posted by daigo yuasa on 12.2010 公演日記   0 comments   0 trackback
上海から帰って来てから数日、少し疲れてはいましたが以外にも元気な日々。
なんだ、意外と楽勝ですな・・・なんて思っていたらだんだん喉が痛くなり、節々に痛みが・・・

あぁ、やっぱり。

こうなるんですよね。長旅の後は。

あきらかに普段の風邪でない症状で、今日まで寝込んでいました。
抗生物質の効かないウイルスやら中国のダニやら、不安要素いっぱいでしたが、
なんとか復活。

まぁ、旅の途中で無いので良しとしましょう。

みなさん、心配してくれるのはいいですが、いけない遊びで病気もらって・・・
なんてこと無いから!偏見だ!

そんな事があったりでしたがなんとか起き上がり、さて公演日記でもと
iphoneをパソコンにつなぎ写真をパソコンに落とそうとしたら・・・


全部消えた。


原因不明。

予測不能。

急転直下。

弱肉強食。

焼肉定食。

ふー。ここはひとつ冷静に。

消えたんだね。

おもひでが。

上海の。

おもひでが。

クソー!!!!

まぁ、でもたいして撮ってないんですけどね。

上海ヒルズや電子塔や中国館なんかネット見られるしね。

よいよい。

でも、上海のあんなところが、こんなになってて、うそーん!って感じの写真を見せられなくて残念。

仕方ないね。

という事で、殺風景な日記になってしまいますが、何と言っても中国は人々のエネルギーがもの凄い。

道路なんて、これから隕石でも落ちて来るのでみんな逃げ回ってるの?

ってなくらい割り込み・割り込み、クラクション・クラクション。

日本なんて歩行者優先だから車来たって平気な顔で道を渡ってるけど、

中国だったら死ぬね。秒殺。

ボケッと歩いてるだけで、気が付いたら目の前まで路線バスが突っ込んでくるもんね。

ガイドの李さんに、

「中国は人が優先じゃないの?」

って聞いたら、

「命ガケノ人ガ優先デス」

なるほど。妙に納得した。

びっくりだらけでそんな事ばかり書いていると終わらないので、公演の話ですが、

今回「北海道の日」のアトラクションとして伊藤多喜雄・北海道観光大使様と同行させて頂き、
おまけに稚内から南中出身の高校生達と南中ソーラン共演!

これには中国始め、諸外国の方々もノリノリでしたよ!
一曲目からなんとアンコール・・・(まだ終わってないって・・・)

そして、生活でぶつかる言葉の壁、壁、壁・・・が見事に取り払われ、一つになるってのは、

「あぁ、音楽、踊り、表現って凄い事だな」って実感しました。

そういえば中国の方の笑顔、ライブ中に初めて見た気がする。

最終日には高校生達、感極まって泣いちゃったりでもらい泣きでした。
あぁ、こんな純粋な頃、俺にもあった。ハズ。

どこ行ったおれの純粋~。

多喜雄さんが行方不明になっちゃった事件とか、ぼったくり事件とか、いろいろ話したいですがまた今度。

私は今だ興奮冷めやらず、寝込んでる間に中国映画を観漁ってました。

今度は観光に行きたい、中国・・・


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://tsugarushamisen.blog62.fc2.com/tb.php/195-da44b394

twitter

Twitter < > Reload

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。